セキュリティーの問題とは

インターネットが身近になった中、セキュリティー対策もあわせてやるのが基本となっていますが、もしこれをやらなかったらどんな問題があるのでしょうか? 大前提として知っておきたい基本をご紹介しましょう。 そのセキュリティー上の問題とはたくさんあるのですが、基本はウイルスですね。 そう聞くと病気のウイルスを想像するかもしれませんが、これらセキュリティー関連の問題でいうところのウイルスとは、使っている端末を汚染し、予期しない誤作動を引き起こす有害プログラムのことを指します。 これらウイルスには、インターネットに接続するだけで感染する場合があります。 もしこれに感染すると、どんな問題があるのでしょうか?

たとえば、PCの画面が固まって動かなくなり、一切の操作を受け付けなくなったりします。 PCの画面が明らかに異常なものとなり、正常に使えなくなることもありますね。 また、PCの中に保存してあるデータを、インターネット上で勝手に公開したり、特定の送信先まで勝手に送信するといった被害も起こりえます。 外部に流出させられない重要なデータや、ごく個人的なデータが不特定多数の目に触れたり、第三者の手に渡ったりする、深刻な被害ですね。

さらに最新のウイルスでは、PCの中にあるデータを勝手にロックし、特定のパスワードがないと開けないようにするものもあります。 そしてこのウイルスに感染した人には、パスワードを購入する旨のメッセージと、その振込先情報などが送信されることもありました。 それが大事なデータだった場合、お金を払ってでもそのロックを解く必要も出てくるでしょう。 このようにウイルスとは、ただのイタズラや嫌がらせのようなものばかりではなく、金銭的被害も起こり得る深刻な問題です。

このようなウイルスによる問題のほか、不正侵入、不正閲覧、遠隔操作といった問題もあります。 不正侵入とは、自分のパソコンやプライベートなネットワークへ勝手に侵入され、設定を書き換えられたり、システムを破壊されたり、情報を閲覧されたりする被害です。 不正閲覧とは、やはり情報を勝手に盗み見られたり、インターネット上で送信した情報を把握される被害ですね。 遠隔操作とは、第三者によって勝手に端末を使用され、持ち主の知らないところで特定の操作をされる被害です。

インターネット上で起こり得るセキュリティー上のリスクとは、このようなものすべてを含めたものです。 インターネットへの接続が当たり前になった世の中ですが、同時にこのようなセキュリティー上の問題も非常に身近なものになっています。 何も対策をしないとこれらどれかの被害に遭う確率が高いため、問題なんですね。