スマートフォンでのセキュリティー対策

最近はパソコンよりもスマートフォンの方を優先的に使う方も多いでしょう。 あくまで携帯電話だと思うとセキュリティー対策は不要だと思えるかもしれませんが、スマートフォンは手の平サイズのパソコンでもあり、できることは多いです。 それだけセキュリティー対策をしないと、いざというときの被害も大きくなりますので、しっかり対策をしてください。 まず基本は、主なセキュリティー対策となるソフトを入れることです。 ウイルスやその他の脅威から総合的にスマートフォンを守ってくれます。 ココでオススメなのは、信頼性や機能性が高い有料のセキュリティー対策ソフトです。 スマートフォンに入れられる専用のものが用意されていますので、それを選んでダウンロードしてください。 インストールすれば、アナタのスマートフォンが保護されます。

コレを基本として、ほかにやっておきたいのはスクリーンロックです。 スマートフォンは携帯するのがほぼ前提の機器ですから、実際に外へ持ち出す機会も多いでしょう。 そんなときに気を付けたいのが、置忘れや盗難対策です。 他人に自分のスマートフォンを勝手に使われないように、まずはスクリーンロックをちゃんとかけておきましょう。 これはスマートフォンの画面を起動したとき、最初にパスワードの入力を求める機能です。 そのスマートフォンを使っているのが持ち主なら特に問題なく使えますが、他人が使おうとするとここで引っかかるため、スマートフォンの不正利用を防げます。

これと同じように、SIMカードにもロックをかけておきましょう。 SIMカードとはスマートフォンに入っている端末カードのことです。 これがあるから電話もかけられますし、インターネットにも接続できるんです。 携帯会社などとするスマートフォンの利用契約は、厳密にはこのSIMカードの利用契約になります。

このカードだけを取り出し、別のスマートフォンへ差し込めば、そちらをこれまでの端末と同じように使えます。 自分が使っている端末のスクリーンロックだけでは、このSIMカードの取り出しによる使い回しを防げません。 コレを防ぐため、SIMカードにもロック機能をつけておきましょう。 これがあれば、もともと使っていたその端末でも、SIMカード取り出しによる別の端末でも、使い回しを避けられます。

これらロック機能は、スマートフォンの設定メニューから選択できます。 どちらも有効にしておけば不正利用防止に役立ちますので、ぜひ設定しておいてください。 セキュリティー対策ソフトとあわせてこれら対策をしておけば、被害を防げます。