パソコンでのセキュリティー対策

自宅や職場でパソコンを使う方も多いですよね。 コレのセキュリティー対策はどうしたらいいでしょうか? 基本になるのは、セキュリティー対策のソフトを何か1つ入れること、OSを最新バージョンに保つことです。 まずセキュリティー対策ソフトとは、インターネットに接続したときに起こる多くのリスクから、パソコンを守るための専用ソフトのことです。 多くの場合は有料販売されており、家電量販店などでパッケージ販売されていることもありますし、インターネット上でのオンライン購入もできます。 スピーディなのはオンライン購入です。 WEB上での決済が済めばすぐにダウンロードでき、インストールすればセキュリティー対策ソフトが有効になり、脅威から守られます。 ただし、購入するときは通販で商品を買うときのように、購入者の個人情報や決済情報を入力しないといけません。

このようなソフトが現在1つも入っていない場合、セキュリティー対策ソフトを買うときにこれら情報を入力して大丈夫なのか、不安がありますよね。 そのようなときのため、大手のセキュリティー対策ソフトには無料体験版も用意されています。 これは個人情報などを入力する必要がなく、クリック1つですぐにダウンロードでき、インストールも可能です。 あくまで無料の体験版のため、有効期限は短く、だいたい30日前後となるソフトが多いですね。 この期間を過ぎるとソフトが無効化されますが、この期間内なら通常通りに守られます。 そしてこの間に正式な商品を購入すれば、正式にセキュリティー対策ソフトが手に入ります。 このような手順でセキュリティー対策ソフトは自宅にいながら安全に購入できますが、難しいと思えば家電量販店のパッケージ版を買うのもいいでしょう。

このようなソフトを入れたら、あとは使っているパソコンのOSを最新バージョンに保つことです。 使っているパソコンのOSは、あとで見つかった不具合に対応したり、現在の最新の脅威に強いバージョンへと強化されたりと、少しずつ調整されていくのが基本です。 このOSを最新バージョンへ更新していないと、セキュリティー対策ソフトだけでは対応できない場合があります。

そのため、OSは常に最新のバージョンへと更新していってください。 この更新の方法は、自動更新となっていることが多いため、自分で設定を変えていない限り、インターネットに接続すれば自動で更新を調べ、必要なら更新してくれます。 ユーザーがやることは、この自動更新をOFFにしないことですね。 このようなことが、パソコンのセキュリティー対策の基本です。